1回のお食事デートで、2万5000円という高額支給を提案してくれたKさんと、月に3回程度待ち合わせをするようになりました。
これも面接の一環なのかもしれないという気持ちもあり、それなりに良い印象を与えるように心がけました。
笑顔を忘れないようにする。
お金の発言をしないようにする。
良い印象を与えなければ、魅力的な支援だって受けられないのですから。
連れて行かれるレストランも、シンママの私では足を向けることができないようなお店だったりもして、本当に驚きました。
1カ月が経過しようとしたころ「子供も1人じゃ可哀そうだろうから、一緒に食事に連れて来たらどう?」と言ってくれたりもして。
凄く優しいなぁという印象でした。
お言葉に甘えて、子供と一緒に食事をいただくことにもなりました。

 

 パパ活サイトで知り合った、会社経営のKさんとの食事が2カ月近くになろうとしたときのことでした。
「ずっと見てきたけど、確かにシンママの生活が大変なのが見て取れたよ。月額払いにはなるが、20万円でどうかな?食事の回数は今までと同様、2回から3回程度」
突然言われてしまったため、なかなか飲み込むことができませんでした。
Kさんは「この条件じゃ不足かな?」と、イタズラっぽい言い方をしてきました。
「いえ、あの、本当にいいんですか?」
「もちろんだよ」
「ありがとうございます」
突然、生活支援が決まってしまって、パニックでした。
その日の食事なのですが、味がよく分らないくらいでした。

 

 支援が決まって、1カ月が経過すると本当に20万円が支払われました。
この大きな金額に、心が揺れ動いてしまいました。
出会い系でお金くれるパパを発見できた実感が、突然湧いてきて震えが来てしまいました。
公佳の話していた通りです。
お金くれるパパは、出会い系の中にいました。
高額援助の、本格的なパパ。
公佳に、直ぐに生活サポートが決定したことを連絡。
「パパは1人だけじゃなくても良いから、もう1人ぐらい作ってもいいんじゃない?」
思わぬことを言われてしまいました。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずココ!